大和住宅のリノベーション

リノベーション・リフォームの実例集

 

古きよきものを生かしたリフォーム:室内

贅沢にとられた長い廊下とレトロな建具が生きたリフォームです。ここは昭和56年築の低層分譲マンションの一室です。
玄関扉をあけると正面に備え付のシューズボックス、これを残しながらも全体的に柔らかい調和のとれた空間に仕上げるためのスタイルウッド。
リビングへ続く廊下はクロスではなく塗装、既存の建具の色合いを生かし、更に塗装の際に刷毛目をつけることで、
築年数が経っているマンションならではのレトロ感をモダンな感じに仕上げました。
リビングの壁にもスタイルウッドを張りましたが、玄関とは違いステンレス調のポイントを差し込み、高級感をつくりあげました。

御影パークハイム301号室廊下.jpgリビング.jpg

長い廊下に3つしかなかった照明を増やし、広いリビングに2つだったシーリングを外し、12個の調光型のLEDライトにしました。
それによって、廊下の雰囲気が変わり、リビングは開放的になりました。

御影パークハイム301号室洋室1.jpg御影パークハイム301号室洋室2.jpg御影パークハイム301号室洋室3.jpg

左2つのお部屋はカーペットの部屋です。
カーペットは高級感あるものを敷き詰め、既存の建具の色合いを生かしたものに
仕上げております。扉は既存のものにダイノックシート貼ることで、取り換えのコストを
削減しております。右側の部屋はリビングとキッチンにいちばん近い部屋なので
子供部屋をイメージし、フローリングを敷き詰めました。照明は全体的に光を当てるようにダウンライトを使用いたしました。

一覧に戻る
大和住宅の業務方針・基本理念はこちら