大和住宅のリノベーション

リノベーション・リフォームの実例集

 

importsクロスで個性ある空間を:室内

昭和63年築の和室がある1DKのDK部分にTINタイル柄のクロスを、
塩ビのトイレや収納の扉に張ることによって、ヴィンテージ感を出しました。
TINタイルとは20世紀初頭に石膏の代わりとして錫板製の型押しタイルのことです。
今回は扉に張りましたが、この部屋の床材の柄なら天井に張ることも面白いのではないでしょうか。

下駄箱.jpgP1220628-2.jpg

床材はパイン調で敷き詰めました。
北面から光がはいり、間取りも8帖強の比較的ゆったりとしたスペースがあったので一枚の幅が150mmと大きめのものを使いました。 
色合いも柔らかく今回のTINタイル調のクロスとの相性もよい仕上がりになりました。 

パイン材.jpgDKキッチンと床.jpgb302キッチン.jpg

DKに広さがあるので、キッチンは収納を完備したものではなく、シンプルなものにいたしました。
一般改装費を省いた、輸入クロスとキッチン入れ替えだけの工事費で約15万円です。

一覧に戻る
大和住宅の業務方針・基本理念はこちら